2016年04月30日

住宅ローンのご相談お待ちしております



先日試験を受けた住宅ローンアドバイザーの登録証書が届きました。


DSC01030.jpg


昨今は住宅ローンも数多くの商品があり、内容も多様化しています。
少しでもよりよいものをご提案できるように努めていきたいと思います。

ただ、これは紙切れみたいなものであり、
どれだけ商品知識があるかが重要に思います。

提携先のあるハウスメーカーや金融機関と違い、
中立な立場からアドバイスを致します。

連休中もご相談を受け付けていますのでお気軽にお立ち寄りくださいね。
1〜3日は町内の有名菓子をご用意してお待ちしております。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ。


posted by アーキテック at 19:00| Comment(0) | ■ 日記など

2016年04月18日

今一度考える、ログハウスという建物



この度の熊本を中心とした大地震によりお亡くなりになられた方々へ
心よりご冥福をお祈り申し上げます
また、被災された方々に対し心よりお見舞い申し上げます。



今回の熊本地震では、過去様々な災害を乗り越え
災害に強いとされるログハウスも被害にあっています。

細かい内容はまだ把握出来ていませんが、
今一度ログハウスについてみんなでよく考える必要性を感じています。

どんなに丸太組構法が災害に対して優れていても、


・安かろう悪かろうの部材や基礎・屋根では、その性能を失います。

・構造をしっかり計算した設計力を伴わなければ、その性能を失います。

・その設計をしっかりと形にする施工力を伴わなければ、その性能を失います。

・定期的なメンテナンスを怠ればログ材は劣化していき、その性能を失います。
 もちろんメンテナンス性を向上させる設計や施工方法も重要です。


ログハウスと言っても、扱う部材や設計・施工により
その性能には天と地ほどの差が生じます。
これは言い過ぎではなく、災害に耐えられれば天であり、
耐えられなければ地だという意味合いです。

ログハウス、という単語で一くくりにせず、
そのログハウスを扱うメーカー、会社がどういう思いで
ログハウスをご提案しているのか、
しっかりと目を向けて耳を傾けていただきたいなと思います。

もちろんこれはログハウスをご提案する会社にも言えることで
『ログハウスだから』という言葉でまとめてしまう会社も多くあります。
当社としてはアーキテックという会社を見て欲しいですし、
会社としてもログハウスという単語のその奥にある本質を、
今以上にもっともっと前に出して発信していかないといけないと感じています。



さて、いろいろ書きましたが、昨日は町の消防の行事に参加していました。
どんなに災害に強い建物を提供していても、万が一に備え、
防災の意識を高めておくことの大切さを今一度強く再確認するいい機会でした。

強い建物と、そこに住む人の意識が大事!!



まだまだ、熊本地方も余談を許さない状況で
これから立ち向かっていかないといけないことも多々あると思いますが、
当社は当社として出来ることを全力でやっていければと思っています。


posted by アーキテック at 14:00| Comment(0) | ■ 日記など

2016年04月07日

岡山県 I様邸新築工事L



I様邸お引渡しをさせていただきました。


P4066527.jpg


キッチンの秘密は見学会のご来場者にだけ!!

写真の端に写り込んでいる今何かと話題のSHARPさんです。
2年での黒字転換期待しています。
エアコンも各社特徴があり、I様はとある理由で
SHARPさんにさせていただいています。
その理由は言いませんが(笑)


見学会でも好評だった玄関タイルが良い感じです。


P4036483.jpg


P4036484.jpg


I様より引越しで持ち込まれるものの写真等いただき全体をイメージ。
全体的に和のものやダーク色のものが多かったので、
カントリー調より和モダンテイストのLIXILの陶化木をお勧め。
木質感もあるのでログとの相性ばっちりなタイルです。
ダークブラウン1色にすると全体の配色と同化してしまいますし、
ログ内に入った第一印象を明るくするために3色混ぜました。
I様との打ち合わせで生まれたアイディア。
和だけどポップ感が出ています。さしずめ和ポップと。


P4066550.jpg


外構は植栽関係がもう少し残っているので後日upできればな、と。
最近お馴染みになりつつある、アーキテック特殊塗料を塗った板塀。
設置から2年経った様子も見れますので展示場へ。

この角度から見ると2階からエアコンの配管が下りてきているの
わからないでしょ。
室外機も植栽で目立ちにくくする予定です。



さあ、これからこのログハウスがI様色に変化していくのが楽しみです。
今後ともよろしくお願い致します。



posted by アーキテック at 18:00| Comment(0) | ■ 日記など

2016年03月21日

火のある暮らし・木のある暮らし体験会レポートA



2日目はシェフの交代。
重ね煮料理のスペシャリスト、斉藤様にお越しいただきました。
昨日はお肉料理でしたが、本日は野菜中心のヘルシー料理。


P3206122.jpg


も、申し訳ないのですが、バタバタしていて料理の写真が1枚しかありません(汗)
斉藤様本当に申し訳ないです。
TALO本部さんに期待!!


DSCN1118.jpg


米粉クッキーたいへんおいしかったです!!
他にも、甘酒レモネードや重ね煮料理をいただきました。


外では薪割り体験なんかも行っています。


P3196045.jpg


薪割り機も用意していたのに、屋外電源がはるか遠くにあるという凡ミス。


P3206156.jpg


薪割りはお父さんの仕事〜〜




さて2日目はピザ生地が少し余ったので、タカラのKさんが初のピザ焼きに挑戦しています。


P3206137.jpg


めっちゃ楽しそう(笑)


P3206147.jpg



P3196091.jpg
仕事中だぞ!!給料ドロボーだ!!所長に報告!!

(笑)


まず何よりスタッフが楽しむということが大切ですね。




こうして、2日間のイベントも無事終了しました。

企画やら準備やらでたいへんでしたが、楽しかったし、
今回の目的通り県北でログで暮らすということを知ってもらえて良かったです。

次回のイベントもご期待下さいね。


posted by アーキテック at 19:15| Comment(0) | ■ 日記など

火のある暮らし・木のある暮らし体験会レポート@



天気の心配がありましたが、両日共に天候に恵まれ、
無事に暮らし体験イベントを開催することができました。

本日はイベントの様子を写真たっぷりでお届け。
長文ですので、どこかで小休止を入れて下さい(笑)


DSCN1107.jpg


土曜日の朝の準備中の様子。
雨が上がった後なので、まだ路面は少し濡れています。

TALOの本部からも遊びに助っ人に来てくれました。

朝礼をしてイベント開始。
あくまでタカラさんの一般のお客様を邪魔しないようにこそこそと(笑)


P3196042.jpg


本日のメインディッシュ。
ヒトトゴハン株式会社の沼本シェフにお肉のおいしい焼き方をレクチャーしていただきました。
http://hitotogohan.com/


P3196050.jpg


P3196088.jpg


肉という素材を最大限に活かす。
木という素材を最大限に活かす。


素晴らしい共通点です。


物撮り。


P3196071.jpg


ああ、食べている時の写真は食べるのに夢中でありません(笑)


外では、薪ストーブでスープ、グリルフォーノでピザを作っています。


人生初ピザ!!


P3196078.jpg


おいちい♡(´∀`*)


P3196063.jpg


焼きマシュマロもやってました。
ものすごい簡単なので皆様もぜひ。


そしてメインイベントのバスツアー!!


P3196062.jpg


ああ、ご案内等していたため見学している時の写真がない...。
TALO本部さんにまた送ってもらおう。



バスが出ている間、主婦の皆様はタカラのキッチンで
火であぶる暮らしを体験中(笑)


油性マジックで書いたところをチャッカマンであぶって
油のこげを再現しています。


P3196065.jpg


P3196066.jpg


え!?真っ黒じゃん!?


P3196068.jpg


ほんとに落ちちゃうの!?


P3196069.jpg


おお〜〜〜〜〜!!


タカラさんのキッチンは火に強い。
TALOのログハウスは60分耐火試験をクリアしており、
そういった点でもタカラさんと共通点があります。



さて、1日目終了の頃には、5kgあったお肉もあっと言う間になくなり、
ほんの少しだけ残ったお肉で片付け前におじさんたちでパーティーをしました。


P3196101.jpg


もうこの時点でおいしそう(´∀`*)


P3196100.jpg


撮らずにはいられない。


P3196106.jpg


炎もすごくキレイです。


P3196111.jpg


撮らずにはいられないpartU


P3196114.jpg


いや〜〜〜、美味!!
沼本シェフの演出もあり、よりおいしく味わえました。



2日目へつづく。


posted by アーキテック at 18:45| Comment(0) | ■ 日記など