2016年05月28日

四国 T様邸その後@



T様より店舗のご案内ハガキをいただきました。


DSC01050.jpg


事務所に10部程、置いていますので気になる方はどうぞ。


この空間で施術を受けたらどんなに癒されるか...にゃ。


o0480036013648097998.jpg


※ブログから勝手に拝借しました。


o0480064013632635760.jpg


これいいな〜♪♪かわいいですね。
展示場にも置くかな(○・ω・○)


皆様、ご予約の上、施術を受けられてみては?
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/
※そのうち、リンクページを作ろうと思っています。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ



posted by アーキテック at 20:30| Comment(0) | ■ 日記など

2016年05月27日

広島県 T様邸新築工事A



T様邸の土地の売買に立ち会いました。
主の目的は境界確認等でしたので終わってからでも良かったのですが、
土地の売買まで立ち会う機会はなかなかないので良い経験でした。


地盤改良工事の内容も確定。
今回は湿式柱状改良を行います。
施工会社の方は建物の重さのことまで知りませんから、
重量計算をして内容と費用を検討しました。

結果、3割のコストカットに成功です。


DSC01048.jpg


のどかな田園風景ですね。

写真には少ししか写っていませんが、この辺りのエリアは瓦を見ると面白い。
どちらかと言えば三州瓦が主なエリアですが、
道の成り立ちと気候風土の理由で、石州瓦も多く見られるエリアです。
その地方の特徴を考えながら見ると瓦はなかなか面白い!!

島根方面へ行くと、多くは石州瓦になります。
石州瓦は凍害・塩害に強く耐久性が高い特徴があるので
寒冷地域や沿岸部にはお勧めです。
島根県で屋根材に石州瓦を使用した場合、
補助金が付いたり、住宅ローンの金利を下げる等の
なかなか面白い得点もあったりします。
良い取り組みですね。

T様は現在、電設の打ち合わせ中。瓦はもう少し先だな。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ


posted by アーキテック at 16:45| Comment(0) | ■ 日記など

2016年04月30日

住宅ローンのご相談お待ちしております



先日試験を受けた住宅ローンアドバイザーの登録証書が届きました。


DSC01030.jpg


昨今は住宅ローンも数多くの商品があり、内容も多様化しています。
少しでもよりよいものをご提案できるように努めていきたいと思います。

ただ、これは紙切れみたいなものであり、
どれだけ商品知識があるかが重要に思います。

提携先のあるハウスメーカーや金融機関と違い、
中立な立場からアドバイスを致します。

連休中もご相談を受け付けていますのでお気軽にお立ち寄りくださいね。
1〜3日は町内の有名菓子をご用意してお待ちしております。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ。


posted by アーキテック at 19:00| Comment(0) | ■ 日記など

2016年04月18日

今一度考える、ログハウスという建物



この度の熊本を中心とした大地震によりお亡くなりになられた方々へ
心よりご冥福をお祈り申し上げます
また、被災された方々に対し心よりお見舞い申し上げます。



今回の熊本地震では、過去様々な災害を乗り越え
災害に強いとされるログハウスも被害にあっています。

細かい内容はまだ把握出来ていませんが、
今一度ログハウスについてみんなでよく考える必要性を感じています。

どんなに丸太組構法が災害に対して優れていても、


・安かろう悪かろうの部材や基礎・屋根では、その性能を失います。

・構造をしっかり計算した設計力を伴わなければ、その性能を失います。

・その設計をしっかりと形にする施工力を伴わなければ、その性能を失います。

・定期的なメンテナンスを怠ればログ材は劣化していき、その性能を失います。
 もちろんメンテナンス性を向上させる設計や施工方法も重要です。


ログハウスと言っても、扱う部材や設計・施工により
その性能には天と地ほどの差が生じます。
これは言い過ぎではなく、災害に耐えられれば天であり、
耐えられなければ地だという意味合いです。

ログハウス、という単語で一くくりにせず、
そのログハウスを扱うメーカー、会社がどういう思いで
ログハウスをご提案しているのか、
しっかりと目を向けて耳を傾けていただきたいなと思います。

もちろんこれはログハウスをご提案する会社にも言えることで
『ログハウスだから』という言葉でまとめてしまう会社も多くあります。
当社としてはアーキテックという会社を見て欲しいですし、
会社としてもログハウスという単語のその奥にある本質を、
今以上にもっともっと前に出して発信していかないといけないと感じています。



さて、いろいろ書きましたが、昨日は町の消防の行事に参加していました。
どんなに災害に強い建物を提供していても、万が一に備え、
防災の意識を高めておくことの大切さを今一度強く再確認するいい機会でした。

強い建物と、そこに住む人の意識が大事!!



まだまだ、熊本地方も余談を許さない状況で
これから立ち向かっていかないといけないことも多々あると思いますが、
当社は当社として出来ることを全力でやっていければと思っています。


posted by アーキテック at 14:00| Comment(0) | ■ 日記など

2016年04月07日

岡山県 I様邸新築工事L



I様邸お引渡しをさせていただきました。


P4066527.jpg


キッチンの秘密は見学会のご来場者にだけ!!

写真の端に写り込んでいる今何かと話題のSHARPさんです。
2年での黒字転換期待しています。
エアコンも各社特徴があり、I様はとある理由で
SHARPさんにさせていただいています。
その理由は言いませんが(笑)


見学会でも好評だった玄関タイルが良い感じです。


P4036483.jpg


P4036484.jpg


I様より引越しで持ち込まれるものの写真等いただき全体をイメージ。
全体的に和のものやダーク色のものが多かったので、
カントリー調より和モダンテイストのLIXILの陶化木をお勧め。
木質感もあるのでログとの相性ばっちりなタイルです。
ダークブラウン1色にすると全体の配色と同化してしまいますし、
ログ内に入った第一印象を明るくするために3色混ぜました。
I様との打ち合わせで生まれたアイディア。
和だけどポップ感が出ています。さしずめ和ポップと。


P4066550.jpg


外構は植栽関係がもう少し残っているので後日upできればな、と。
最近お馴染みになりつつある、アーキテック特殊塗料を塗った板塀。
設置から2年経った様子も見れますので展示場へ。

この角度から見ると2階からエアコンの配管が下りてきているの
わからないでしょ。
室外機も植栽で目立ちにくくする予定です。



さあ、これからこのログハウスがI様色に変化していくのが楽しみです。
今後ともよろしくお願い致します。



posted by アーキテック at 18:00| Comment(0) | ■ 日記など