2017年04月09日

バリアフリー



ここ最近、ありがたいことにたくさんのお話をいただき、
年明けからずっとバタバタな気がします。

持ち前のバイタリティのおかげか(笑)
持っているのは生活習慣病くらいで(笑)
体調不良で休んだことのない私ですが、


sick_memai.jpg


さすがにここ最近はフラフラの状態でした。

しかし、そんな疲れをふっ飛ばす、
最高の場所へ先日現地調査へ行ってきました。


pose_ganbarou_man (1).jpg


めっちゃ元気が出ました。
皆さんに紹介できる日が来ると良いですが。
昔から行きたい行きたいと恋い焦がれていた場所に行けると
こんなにも嬉しいものなんだなと。
広範囲でお仕事をさせていただいている当社の一つの楽しみだな。




さてさて、話は一気に変わりますが、
最近バリアフリーに対するご要望が多いような気がします。

バリアフリーと聞くと皆さん何を思い浮かべますか?

通路が広い、トイレが広い、段差が少ない、手すりが付いているetc

いろいろあるかと思いますが、
もう一歩踏み込むと、、、


img_29-02.jpg


ドアの重さや把手の形状、


DSC01746.jpg


ドアの閉まり方、
その他にも照明の明るさ、スイッチやコンセントの種類や位置、
浴室暖房換気扇やキッチンの引き出しタイプ等もバリアをフリーに
する意味では項目に挙がり、他にもたくさん、、、。

アーキテックでは福祉住環境コーディネーターの資格を持った
スタッフが、ご要望に応じたご提案をさせていただきます。
2級だけどね。
結局は保険や住宅ローンと同じで
どれだけ商品知識を持っているかが大切だと思っています。

日々精進!!



 日本初!!(当社調べ)
 『合板ゼロのログハウス展示場
 5/3 グランドオープンまであと『24日


ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/


posted by アーキテック at 20:30| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2017年03月11日

住宅ローンのポイント@



お客様と住宅ローンのお話をしました。
皆さんはセミセルフで工期が長くなる場合や大型物件で工期が長くなる場合、
頭金から借入しようとするとどこの金融機関が良いと思いますか?

 JA?中国銀行?フラット35関係?

答えは全て不正解。
どこを選んでも30〜100万円近い損をします。(借入額や期間で変動あり)

私の知る限り、今回のケースは某社さん一択です。気になる方はモデルハウスへ。

知らないと怖い、住宅ローン事情の一つです。

当社では、住宅ローンアドバイザーの資格を持つスタッフがお客様にあった
住宅ローンをご提案させていただきます。

金融機関に最初に行ってしまうと、もちろん自社の良いところ良いところを
説明されるので、まずは中立の立場で話せる住宅ローンアドバイザーに
話を聞いていただきたいな、と思います。

ただし、ハウスメーカーさんのようにあとはこの書類にハンコを押すだけ、
というような何から何までということはできません。
あくまで多数ある商品の中からのお勧め提案とアドバイスです。
必ず、借り入れる機関の担当の方と詳細な話はしていただきます。
ほぼ、半生をかけて返済していくものなので自分が借りるんだ、という
『自覚』を持っていただきたいからです。

モデルハウスでお待ちしております。
何となく、無料イラストであるような構図で写真を撮ってみました(笑)


P3070779.jpg


下のゲーム、なかなか面白いのでやってみてね。







 日本初!!(当社調べ)
 『合板ゼロのログハウス展示場
 5/3 グランドオープンまであと『53日


ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/



posted by アーキテック at 20:16| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2017年03月09日

3月9日



少しどうでもいい話。
年明けからバタバタしていますが、先日久方ぶりにゆっくりとお休みをいただいた。
社長は相変わらず馬車馬の如く駆け回っていますが、
私は労働基準法に触れるとまずいので(笑)

休みと言えば、タカラの当社担当のスタッフさんが
リフレッシュ休暇で10日程お休みするらしい。
やっかんだ訳ではないのだが、休暇前にお客様のプラン資料を4件ほど依頼した。

私からの前祝だ。

22時ごろだったか、帰りにショールームの横を通るとまだ車があった。
申し訳ないことをしたかな、と思いながらも、
こういう人と一緒に仕事をしたいよな、と改めて思った。
できません、って言ってくれても良かったんだけどな。(今さら)
仕事をする上で『バイタリティー』がとても大切だと考えていて、
よくフレーズとして使います。
いきいきとか活気、という意味ではなく、
精根とかガッツ、向上心という意味で使っています。

たいへんかもしれないけど精一杯やってみます、
という言葉がすごく好き。
おそらく明日届けてくれるのでしょう(笑)
3月9日にありがとうの気持ちを。


P3206137.jpg



 日本初!!(当社調べ)
 『合板ゼロのログハウス展示場
 5/3 グランドオープンまであと『55日


ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/


posted by アーキテック at 19:30| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2017年03月06日

三大A(architech)要素



土日で塗装体験会を開催した際に、
当社のオーナー様で、福山市のS様邸は15年間再塗装なしで
まだ塗装が大丈夫という話をさせていただきました。
15年なんて嘘だ( `ー´)ノと思われた方は当社まで(笑)

当然様々な要素が関係しての15年であり、
同じ塗料でも平均するともう少し短くなりますが、
一般的に3年程度で再塗装が必要とされる
ログハウスの外壁塗装において、これはものすごいことだと自負しております。

S様邸は細かい要素が多く関係していますが、
挙げるとキリがありませんので、
大きく分けると3つの重要な要素があります。

 @塗料の質
 A塗料の色
 Bログハウスの設計

@に関しまして、当社ではログハウス塗料として
歴史と経験の長い塗料を始めとして
オリジナルに配合した特殊塗料
(まだまだ色のバリエーションが少ないので日々開発中)等も扱っています。

正直、日本の塗料メーカーには申し訳ないですが、
他社さんの再塗装等も請け負わせていただいている経験から
日本製の塗料はログハウスには向いてないです。
まあ、ウッドデッキへの使用に適しているくらい。

ちなみに回数を多く塗るとどうなのか、という質問も受けましたが、
まあ2年3年後を見てみてください。@に勝るものはないはずです。

話が長くなるので、ABはモデルハウスへ聞きに来てね。
S様邸は許可依頼をしてどこかで載せたいですね。お楽しみに。


DSC00804.jpg



 日本初!!(当社調べ)
 『合板ゼロのログハウス展示場
 5/3 グランドオープンまであと『58日


ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/



posted by アーキテック at 19:20| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2017年02月23日

総ログって?@



P2220715.jpg


総ログで有名なTALOですが、お客様に2階部分を別工法(在来・2×4)に
したらと尋ねられることがよくあります。

★黄色のようにロフトタイプの2階→OK
※知っている方はが知っているがむしろ当社はこちらのノウハウの方が多い。
★青色のように総2階タイプの2階→△
★ピンク色のように総2階建ての立ち上がりより上部分のみ→絶対に×。
窓の上が連結しているかどうかが非常に重要になります。
詳しく聞きたい方は展示場まで。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/


posted by アーキテック at 17:30| Comment(0) | ■ アーキテックという会社