2017年07月30日

BELS!!



BELSとは?


Building-Housing
Energy-efficiency
Labeling
System


(゜-゜)


(゜-゜)


の略で、『ベルス』と読みます。

なんか某滅びの呪文みたい(笑)


小難しい感じがしますが、簡単に言うと、

建物の省エネ性能を表すもの。
難しい数値で表現されても一般の方は分からないので、
星マークに置き換えて、その星の数を見ると一目で
建物の省エネ性能が分かるようにしたものです。


☆・・・・・・既存の省エネ基準
☆☆・・・・・現在の省エネ基準
☆☆☆・・・・・現在の省エネ基準から10%削減
        (誘導省エネ基準として2020年からはここが必須)
☆☆☆☆・・・・現在の省エネ基準から15%削減
☆☆☆☆☆・・・現在の省エネ基準から20%削減


という感じです。星5つが最大です。

今回、住宅ストック支援事業というもので国から補助金が出るということもあり
ログハウス会社の先駆けとして、取り組みました。

果たして結果は、、、


BELS評価PDF_01.jpg


星、5つです!!!


ログハウスだって大手ハウスメーカーや工務店が
省エネ省エネ言っているレベルに負けてない!!

もっと言うなら、ログハウスの場合、外皮計算(壁の断熱性)が現在の基準上、
かなり不利に働くし、蓄熱とか調湿とかいう面は評価基準に入らないから
実際の性能としてはもっと良いはずなんだよな〜、、、。
極めつけは、暖房機器に薪ストーブを選択すると性能が下がるという、、、。

なんでやねん!!よっぽどエコでしょうがよ!!(大声)


今回数値的なところに着目すると23%の削減という数値。
大手ハウスメーカーさんたちは、20〜60%という数値が多いようですが、
これは再生可能エネルギーがあるかないかの問題で、
今回の計算でも試しに太陽光を載せた場合も計算してみると
55〜60%くらいにはなりました。

数値には地域区分というものが影響し、1〜8に分けられています。
簡単に言うと1が寒くて8が暖かいということです。
県北はだいたい5で県南は6になります。
6で計算すると削減率は30%程度になりました。

2020年から省エネ性能が義務化される見込みのため、
このBELSという評価方法で言うと、2020年から☆3つ以上の性能がないと
建てられないことになってしまいます。

今回、☆5つの評価を受けたログハウスは地域区分5で
ほぼ当社の標準通りの仕様ですので、
土地によって若干の違いはあるものの、
中四国ほとんどの物件で☆5つが達成できるものと思います。

当社調べではありますが、もう間違いないと思いますので言い切ってしましますけど、
『ログハウスでBELS評価を受けて☆5つを取得したのはアーキテックが全国初です。』
※強いて言うならポスト&ビームでは例があるかもしれないけど。これはおいておいて。

ですので、2020年に省エネ性能が義務化されても
アーキテックでは楽々ログハウスが建築できるということです。
何と言っても自社でやっている、ということが強みだと思う。

しかし、書類の数が多すぎ(゜.゜)


DSC02245.jpg


これで申請時の書類ですからね。
ここから完了報告時の書類も増えると思うと、、、。

長いお話しになりましたが、
ログハウスについて真剣に考えるアーキテックを
今後ともよろしくお願い致します。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://road2zsky2008.wixsite.com/youyouseitaiin
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/



posted by アーキテック at 09:30| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2017年07月01日

建物は省エネでもアーキテックのスタッフは省エネとは程遠い



お客様の補助金事業に取り組んでいた。


DSC02059.jpg


書類自体はそう難しいものではないのだが、
住宅の省エネ性能を示す評価書類が必要で、昨今の省エネ基準の改定や、
新しい評価内容の追加に伴い、1日2日で簡単にできるものではない。

5月末にご契約いただいて、6月上旬は別件でバタバタ。
取り掛かれたのは6月末締め切りの2週間前。
本当は4月にご契約いただければ間に合うと思います、とお伝えしていたので、
無理ですと断っても良かったのでは、と自問自答する時もあった。

言ったことには責任を持ちたい。
頑張って頑張った上でダメだったことを説明するのも責任
できない理由をしっかり検討した上できちんと説明するのも責任
可能性があるならやってみるのも責任

時間はなかったけど2日かけて本当に間に合うのか?というのを
各種書類とにらめっこしながら頭をフル回転させて計算。
第3者機関もあることなので、自分の計算通りに行くとは限らない。
でも可能性はある、やってみよう。

正直だめなことも覚悟していた。

当然補助金の書類以外にも、通常の仕事もある。

もう補助金分は会社が負担すればいいや、とマイナス思考。
お客様のことであれば、少々無理も効くけれど、こうなるとモチベーションの維持が難しい。
今回は私を動かしたのは少し別のモチベーションもあった。

諦めようと思ったとき、頑張る原動力になったのは
ログハウスをの持つ力をもっと広めたいという想いだった。

私はログハウスは〇〇、という言葉がとにかく嫌い。

ログハウスは地震に強い、ログハウスは夏涼しくて冬暖かい

一度でも数値で証明したことがありますか?と問う。

アーキテックのお届けするログハウスは、、、
というある種の『プライド』みたいなものを持っている。


これには体感的な側面と、数値的な側面が必要だと思っている。


今回挑んだ住宅の省エネ性能を示す評価は、昨年度挑戦し達成した長期優良住宅ログと同じく、
ハウスメーカーや大手工務店と同じレベルで話ができるものだ。

ログハウスは〇〇、というのなら
耐震等級3を簡単に取得してから言ってほしい
断熱等級4を簡単に取得してから言ってほしい
一次エネルギー消費量等級5を簡単に取得してから言ってほしい

例え、ログハウス協会がそれを証明しても、
実際はそれぞれの会社により設計も違えば、施工も違う。

まだまだ、ログハウスはネットを開けば、
すきま風、雨漏り、腐る、メンテナンスが面倒、等マイナス要素が多く散見される。
会社によって大きく違うということを象徴している。

どんなにすごいすごい、と言ってみても、
そのすごさを数値化できないと戦えない世の中。

数値が全てではない。それは重々承知の上。
お客様の体感した意見・感想に勝るものはないから。これが体感的側面。
この考えを基盤に持っていないと絶対にダメだし、あくまで数値はこの延長線上。

でもこれから少しでも多くの方にログハウスの魅力を知っていただくためには
数値の上でも対等であることを示していかないといけないと思う。
その数値がお客様への理解と安心に繋がる部分もあるはずだ。
数値で示せないということは、ただの営業トークなのだから。

アーキテックのログハウスを知ってもらいたい
その気持ちが諦める寸前の心を押してくれた気がします。



やりきった、、、。本当にやりきった、、、。

評価機関のSさんも期間的に無理を言いましたが、タイムリーに書類をチェックしてくださいました。
TALO本社のADさんもお休みの日曜日に自宅で数値をチェックしてくださいました。

皆さんのお力添えあってです。

ただ、まだ完了報告等もあります。補助金をもらうまで気は抜けない。

書類自体はそう難しいものではないので、
今後も『根拠のある営業トーク』をするために、挑戦し続けたい。
今回どういうことに挑戦したのかは、後日またupします。

ブログもFBもすっ飛ばして、お客様方にもお待ちいただくこともあったので、
もう少し時間の余裕をみて取り組みたいと思います(反省)。

来週は疲労困憊の体を休めるため連休をいただいて、その後は通常運転でいきたいと思います。
ブログもFBも内容が貯まりに貯まっていますし、お楽しみに。


細やかなご褒美、ハーゲンダッツを食す。
マカダミアナッツかグリーンティーがもっぱら。


うめ〜〜〜太陽太陽



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://road2zsky2008.wixsite.com/youyouseitaiin
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/

posted by アーキテック at 01:45| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2017年06月11日

全てはより良いログハウスを建てるために



土日は久しぶりにしっかり事務所にいました。
溜まったデスクワークをする予定が、ありがたいことにたくさんの
お客様にご来場いただき、予定の2割もできませんでした(泣笑)。
もうちょっと頑張って帰ります。


さて、秋頃から着工予定のお客様の農地転用の書類を作っています。


DSC02039.jpg


半年前にあった農業振興地域の解除申請も当社で行いましたが、
普通どこの工務店でもハウスメーカーでもこれらの作業って費用をもらうんですって。
契約してもらってからでないとできません、という場合もあるらしい。

まあ、当然と言えば当然か。
測量や分筆が発生すれば別ですが、基本的にアーキテックでは
無償で実施させていただいています。

申込金等も一切いただくことのないアーキテックは契約まではNPO法人(小声)です。
それもこれもきちんと納得した上でご契約いただきたいから。
これって、お互いのためでもあると思うんですよね。

小さな小さな会社ですので、若干お時間をいただくことはありますが、
より良いログハウスを建てるため、
お気軽にご相談いただけると嬉しい限りです。




ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/


posted by アーキテック at 22:15| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2017年04月09日

バリアフリー



ここ最近、ありがたいことにたくさんのお話をいただき、
年明けからずっとバタバタな気がします。

持ち前のバイタリティのおかげか(笑)
持っているのは生活習慣病くらいで(笑)
体調不良で休んだことのない私ですが、


sick_memai.jpg


さすがにここ最近はフラフラの状態でした。

しかし、そんな疲れをふっ飛ばす、
最高の場所へ先日現地調査へ行ってきました。


pose_ganbarou_man (1).jpg


めっちゃ元気が出ました。
皆さんに紹介できる日が来ると良いですが。
昔から行きたい行きたいと恋い焦がれていた場所に行けると
こんなにも嬉しいものなんだなと。
広範囲でお仕事をさせていただいている当社の一つの楽しみだな。




さてさて、話は一気に変わりますが、
最近バリアフリーに対するご要望が多いような気がします。

バリアフリーと聞くと皆さん何を思い浮かべますか?

通路が広い、トイレが広い、段差が少ない、手すりが付いているetc

いろいろあるかと思いますが、
もう一歩踏み込むと、、、


img_29-02.jpg


ドアの重さや把手の形状、


DSC01746.jpg


ドアの閉まり方、
その他にも照明の明るさ、スイッチやコンセントの種類や位置、
浴室暖房換気扇やキッチンの引き出しタイプ等もバリアをフリーに
する意味では項目に挙がり、他にもたくさん、、、。

アーキテックでは福祉住環境コーディネーターの資格を持った
スタッフが、ご要望に応じたご提案をさせていただきます。
2級だけどね。
結局は保険や住宅ローンと同じで
どれだけ商品知識を持っているかが大切だと思っています。

日々精進!!



 日本初!!(当社調べ)
 『合板ゼロのログハウス展示場
 5/3 グランドオープンまであと『24日


ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/


posted by アーキテック at 20:30| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2017年03月11日

住宅ローンのポイント@



お客様と住宅ローンのお話をしました。
皆さんはセミセルフで工期が長くなる場合や大型物件で工期が長くなる場合、
頭金から借入しようとするとどこの金融機関が良いと思いますか?

 JA?中国銀行?フラット35関係?

答えは全て不正解。
どこを選んでも30〜100万円近い損をします。(借入額や期間で変動あり)

私の知る限り、今回のケースは某社さん一択です。気になる方はモデルハウスへ。

知らないと怖い、住宅ローン事情の一つです。

当社では、住宅ローンアドバイザーの資格を持つスタッフがお客様にあった
住宅ローンをご提案させていただきます。

金融機関に最初に行ってしまうと、もちろん自社の良いところ良いところを
説明されるので、まずは中立の立場で話せる住宅ローンアドバイザーに
話を聞いていただきたいな、と思います。

ただし、ハウスメーカーさんのようにあとはこの書類にハンコを押すだけ、
というような何から何までということはできません。
あくまで多数ある商品の中からのお勧め提案とアドバイスです。
必ず、借り入れる機関の担当の方と詳細な話はしていただきます。
ほぼ、半生をかけて返済していくものなので自分が借りるんだ、という
『自覚』を持っていただきたいからです。

モデルハウスでお待ちしております。
何となく、無料イラストであるような構図で写真を撮ってみました(笑)


P3070779.jpg


下のゲーム、なかなか面白いのでやってみてね。







 日本初!!(当社調べ)
 『合板ゼロのログハウス展示場
 5/3 グランドオープンまであと『53日


ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のブログはこちら↓
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/



posted by アーキテック at 20:16| Comment(0) | ■ アーキテックという会社