2020年05月31日

#住宅業界の手付金制度に反対します



農地転用の書類を作成しています。

眠いです。

明日も打ち合わせなのでもうひと頑張り。


IMG_3853.jpg


行政書士さんに頼めばいいって話しなんですがね。

そのお金があれば1円でもログハウスにかけて欲しい。

・・・行政書士さんごめんなさい|д゚)

別に、ご契約もお申し込みもいただいている訳ではありませんが、
この程度のことをお金やサインで交わさないと成り立たないような信頼関係なら
良いログハウス何て建つわけはないと考えています。

#住宅業界の手付金制度に反対します



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ
★認証はありますが、facebookをされていなくても閲覧できます。

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://youyouseitaiin.com
https://ameblo.jp/youyouseitaiin0707

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/


posted by アーキテック at 22:15| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2020年05月27日

たぶん商売人には向いていない



朝5時半会社発で、島へ行ってまいりました。


IMG_3815.jpg


写真は載せませんが、青空教室にてみっちり4時間打ち合わせをしました。
日焼けしました。

島の方には申し訳ないのですが、どこにも寄らずに帰りの船です。
と言いますか、お店が開いていない( ゚Д゚)
またすぐ来るのでその時は少しくらい。

いよいよ計画開始の目途がたってきました。

とある理由で、お客様以上に我々が抱く心配事が多く、たくさん質問していた気がしますが、
一つ一つしっかりと話し合え、不安がなくなっていったように思います。

ともすれば、工務店側がお客様に言うべきではないこともたくさん言わせていただきましたが、
我々は少しでも良いログハウスが建てられるように、ただただ真剣なだけです。

お互いに(笑)たいへんだと思いますがワクワクしてきました(・ω・)



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ
★認証はありますが、facebookをされていなくても閲覧できます。

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://youyouseitaiin.com
https://ameblo.jp/youyouseitaiin0707

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/


posted by アーキテック at 20:50| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2020年05月24日

ログとカーテンと私



3時間超の打ち合わせを終えて、30分の清掃作業を終えて、
ソファーで心地良い風に当たって、ウトウトしている瞬間です。


IMG_3774.jpg


ログとカーテンと私(小人)


仕事中だぞ!、と言われるかもしれませんが
1週間、通常業務以外の時間は全て、今日の打ち合わせの資料作りに捧げました。
(家でも2回ほど海を描いたよ)
少しの休息はお許しください。

8割くらいの同意は得られたので、修正してまた来週打ち合わせです。

今までいろいろなログを見てきてどうもしっくりこなかったが、良いです。
と言っていただけました。

かっこよくするために、窓の大きさとか何度も描いて試してみていることや、
意匠ばかり重視するのでは実用性に欠ける部分が出てくるので、
バランスをとりながら考えていること、を理解してもらえて嬉しかったです。

世間ではオンラインだ、リモートだ、なんてものが住宅業界でも普及してきていますが、
完全にそれ頼りになるのは何か違う気がします。


一生に一度の家づくり。


遠方のお客様はどうしたって対面での打ち合わせ回数は限られてきます。

だからこそ、打ち合わせの準備にはしっかり過ぎるくらい時間を掛けること。

広範囲で20年近くやってきて&このご時世に深く実感しているところです。

と、いうことで来週は95%くらいプランの決まったお客様との打ち合わせで島へ渡ってきます。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ
★認証はありますが、facebookをされていなくても閲覧できます。

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://youyouseitaiin.com
https://ameblo.jp/youyouseitaiin0707

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/


posted by アーキテック at 19:45| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2019年09月14日

四国 I様邸新築工事J



ログハウスの感想。


IMG_9703.jpg


ただただ感動!言葉では表現できません!
寝るだけで幸せ。
これからの生活のワクワクが止まりません。
家から出たくない!でも仕事に行ってしまえば、
毎日帰るのが楽しみ♪
そんな存在です。
TALOにしてよかった。
(アキじいさんアキをさん)に出会えてよかった。
感謝の思いは、言い尽くせません。

かっこ内以外は原文ママ

I様から有難いメールをいただきました。


IMG_9712.jpg


もし良い家を建てる秘訣があるとするならば、
お互いに感謝の気持ちを伝えるということではないかと思います。

この『お互い』というのは誰を指していると思いますか?

工務店とお施主様の間では表現の大なり小なりあるにせよ
感謝の気持ちを伝え合えている関係にあると思います。

私の思うお互いとは、夫婦間、家族間でのこと。

震える手でハンコを押してくれたわけです。
震える手で一緒にハンコを押してくれたわけです。
一生に一度の買い物を一緒に決めたわけです。
老後の貴重な資金を分け与えてくれたわけです。
素直な感情表現で自分の部屋ができることを喜んでくれる人なんてのもいますよね。
もしかしたらストーブの前で幸せそうに丸くなるあいつもいるかもしれません。

身近過ぎて忘れていませんか?
工務店のおかげで家が建てれている訳ではありません。
家族の同意や協力があって家が建てれています。

とりあえず1回、ありがとって言っとこ。

ありがとって聞こえる家はそれだけで良い家だ。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ
★認証はありますが、facebookをされていなくても閲覧できます。

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://youyouseitaiin.com
https://ameblo.jp/youyouseitaiin0707

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/


posted by アーキテック at 21:30| Comment(0) | ■ アーキテックという会社

2019年05月06日

ログはトマレ



ログハウスに泊まろう!

連日掃除掃除でたいへんでしたが、
皆さんに喜んでいただけたので、企画して良かったです。

翌朝、何か気になることがありましたか?と尋ねると、
全組、特にありませんでした、と返ってきたのが印象的でした。

この回答ってある意味すごくないですか?

最近私は思うのですが、
ライフスタイルを提案するならログじゃなくてよくない?
って思います。

ログじゃなくてもできることなら、
ログじゃなくてもいいんですよ。

あくまで相性がいいだけ。

薪ストーブ、ログじゃなくてもできますね?
ウッドデッキ、ログじゃなくてもできますよね?
BBQ、ログじゃなくてもできますよね?
DIY、ログじゃなくてもできますよね?

ログに住んでみてどうだったか
ログで当たり前の生活をしてみてどうだったか

ライフスタイルより前にログハウスって家としてどうなのって概念が
まず根底にあるべきだと思うのですよ。

アーキテックのモデルログは、アイテムっていう類のものはほとんどありません。
退屈だ、と感じる人ももしかしたらおられるかもしれません。

でもログっていう分野だからこそ、
『現実』ってものをまず知るって大事ではないかと。
ライフスタイルの面白さに、家が美化されすぎていやしないかと。
極論を言えば、がらんどうのモデルログでも良かったのかもしれませんが、
現実と夢のアイダの辺りにいるってことは大切です。

( ゚Д゚)この家、いいよね!!
( ゚Д゚)ねっ!!

家としてのログハウスを体感して、
アーキテックのログハウスを体感して、
家としてのログハウスを学んで、
アーキテックのログハウスを学んで、
それからいろんなオプションを加えていけばいいのではないでしょうか。

薪ストーブ、ウッドデッキ、BBQ、DIY、etc、、、
安心してください。
ログとの相性は抜群です。

ログハウスという家を知ってもらった上で、
こやつらオプションを加えた体験もできれば、
アイダ、と夢のアイダくらいまで進むでしょう。
こっちも企画せにゃならんね。

いやいやしかし、ログハウスに泊まろう!
過去一番のいいイベントになったような気がします。
おそらくそれはアーキテックにとって、、、ですが、
とって『も』だったらなお嬉しいです。


IMG_7126.jpg


またやるよ(・ω・)ノ



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ
★認証はありますが、facebookをされていなくても閲覧できます。

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://youyouseitaiin.com
https://ameblo.jp/youyouseitaiin0707

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/


posted by アーキテック at 21:15| Comment(0) | ■ アーキテックという会社