2018年11月09日

四国 A様邸新築工事@



A様邸のログハウス新築工事がスタートしています。


IMG_2214.jpg


A様邸の敷地は宅地部分と田部分が混在していて、
宅地部分だけでは、建物を建てるのが難しかったので、
農地転用の必要性がありました。

しかし、田の部分を全て転用するには広すぎるため、
まずは測量・分筆からでした。

A様邸の建築地は、完全に初めてのエリアでしたので、
どうしても水道・登記のあたりは現地であたる必要があります。
ですので、土地家屋調査士・司法書士さんをどうするか、からが課題でした。

いくつも電話であたりましたが、
第一声が、『喜んでさせていただきますよ』
だったので、その事務所さんにお願いしました。

些細なことですが、個人的に大切にしていることで、
大事な感覚だと思っています。


IMG_2256.jpg


地盤調査はいつもの出雲建設さん。
近くに営業所があるので、そこから来てもらいました。
広範囲にやっている経験で、だいたいのことはいつもの人たちに頼めます。


農地転用も許可が下りて、
現在は絶賛フィンランド工場と図面のやりとりをしています。


IMG_4082.jpg


この作業がけっこうたいへんで神経を使います。

ログの1段の高さは180mmなのですが、加工図は実(さね)から計算しているので
191mmからマイナス○mmと指示しないと意図した高さになりません。

これを知っているのは代理店の中で当社だけです(byTALOの技術スタッフより)

と言いますか、そもそも自社で図面をかいているのが
当社を含めて2、3社しかいません。
当社の強みではありますが、グループとして考えると今後の課題ですね。


IMG_4083.jpg


この写真は一部フィンランド語が混ざっていて、
上の lohenpyrstö は、ありつぎ、って意味です。
下の TAKANA は、チャーハン、って意味です。

ウソです(笑)
後ろ、って意味です。

最初 ö これをコンセントのマークか何かと思って
差し込むって意味かなと思っていました。
まあ、ありつぎ、と似た意味ではあるか、、、。


図面も8割方やりとりが済んだので、
ぼちぼち設備機器のショールームに行く段階かな。
資料を作らねば。

年明けから着工予定です。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ
★認証はありますが、facebookをされていなくても閲覧できます。

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/


posted by アーキテック at 17:30| Comment(0) | ■ ただいま建築中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。