2018年05月19日

青春の輝き



先日、どうしても今日中にということが数件重なり、
連日の激務にさすがの私も楽しさの向こう側へ行ってしまいそうでした。

そんな時は大好きなサウナに行ってリフレッシュします。

そんな0時をまわったサウナで、二十歳くらいの2人が
どうやったらYouTubeの再生回数を増やせるか、という議論を交わしていました。
どうやら学校へも定職にも就いていない様子。

こんな田舎でさえ、YouTuberになりたいという若者がいる時代になりました。

建設業界は、というと皆さんおそらくご存知の通り、
深刻ななり手不足の状況に陥っています。
県南の方ならまだしも、岡山県北は特に顕著な状況です。

そんな中、アーキテックでは今年から新卒の職人スタッフ
M君が正社員として加わりました。

彼は高校の建築科を出て、1年間、大工の職業訓練校に通っていました。

普通は建築科へ行ったなら大学へ行くか、工務店や設計会社、
ハウスメーカーの設計業務や現場管理業務に就くことがほとんどだと思います。

ですので、たしかに募集はしていましたが、彼が面接に来た時に、
なぜ大工なんだ?と散々聞いたのを覚えています(笑)

聞けば、どうしても大工になりたいんだ、と。

しかし、この時、この若い子の熱い思いを無駄にしてはいけないと思う気持ちと同時に
果して、こんな小さな会社で、マニュアルも新人教育係もいない環境で、
この子を本当に育てられるだろうか、とたいへん悩みました。

私は面接時、正直に彼に伝えました。
君を採用するということは、君の一生を背負うくらいの
覚悟でやらないとだめだと私は思っている、と。
私たちの覚悟のために、少し時間をくれ、と。

その後、面接を重ね、様々なことを話し合いました。

これから、どう時代が変わっていくかわからないこのご時世。
大工を主でやりながら、現場管理や設計、
その他、家に関係すること全てに挑戦して欲しい。

ということで4月から正社員として働いています。

たしかにこの業界、匠の技は必要です。
建築科と大工の職業訓練校を出ているとは言え、技術や知識は当然まだまだです。
しばらくは個人で頼んでいるログハウス経験の長いベテランの
大工さんたちと組んで作業をしていきますが、
ご迷惑をお掛けすることもあるかもしれません。

しかし、深刻ななり手不足の昨今。
彼のような若者が、汗だくで頑張る姿に、
アーキテックという会社の未来を見てくださる
お客様とオーナー様ばかりだと信じています。

もしかしたら、数ヶ月後には逃げ出していないかもしれませんが(笑)
※ここまでの熱い文章が台無し(笑)

そのくらいの気持ちでこの会社はやっています、
ということを知っておいてほしくて書きました。

とはいえ、まだまだ社会人1年目のアマちゃんです。
先日、いくら田舎とは言え、財布をポンッと
出しっぱなしにしていたので注意しました(笑)
皆さんも見かけたら注意してあげてください。


DSC00616.jpg


おいおいタイトルは、若い大工(カーペンター)の青春と
カーペンターズの名曲がかかっているのかよ ハッ(゚ロ゚〃)
と途中で気付いたあなた、1よいね、差し上げます。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ
★認証はありますが、facebookをされていなくても閲覧できます。

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://road2zsky2008.wixsite.com/youyouseitaiin
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/


posted by アーキテック at 23:00| Comment(0) | ■ アーキテックという会社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。