2018年04月25日

アーキテックのログハウス



さて、これは一体何をしているところでしょう?
見慣れない機械がセットされていますね。


DSC09088.jpg


正解はシックハウス物質の検査をしているところです。

正直、こんな検査必要ないなあレベルの抜群の測定結果でしたが、
今回は物件上検査が義務付けられていたため実施しました。

実際に自社で施工しているログハウスがどの程度のレベルなのか、
『見える化』でき、兼ねてより何度も提言している、

ログハウス=○○ではなく、アーキテックのログハウス=○○

と言えることが新たに増えた良い経験をさせていただきました。

また一つログハウス専門会社としての経験値がアップしました。



さて、ここからは完全に私の私的考えですが、、、

本来こういう検査は、もっと築年数が建ってから『も』すべきと思っています。

30年以上経過した住宅で、合板や複合フローリング、
壁紙の末路を目にしたことがある方々も少なくないはずです。

昨今の住宅で、機械による強制換気で保たれている室内環境も、
それらが30年以上経過して、上記のような状態になり
もし検査を行ったら結果は果たしてどうなっているでしょうか?

そもそも使わない、または最小限に留めるということは
10年後、20年後、30年後、40年後に確かな差となって現れてくるはずです。
しかし、これは一般論から出した、現状あくまで『はず』なのです。


TALO本社は今年で30年。
築30年経ったログハウスで同じ検査をしてみてほしいと思っています。

30年を迎えるにあたり、より良いログハウスを提供するため、
いろいろ迷走している部分もあったように思いますが、
激動の時代だからこそ、迷ったら原点回帰。
と、ただいまフィンランドに研修にいっている次期社長に話しています。

裏でも、こんな熱い話をしているんっすよね〜。
ちょっとだけ?知っておいてほしい裏情報。



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ
★認証はありますが、facebookをされていなくても閲覧できます。

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://road2zsky2008.wixsite.com/youyouseitaiin
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/


posted by アーキテック at 21:30| Comment(0) | ■ アーキテックという会社
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。