2017年11月06日

岡山県 M様邸新築工事B(在来工法)



特別な場合のみにお請けしている在来工法のM様邸も後半戦です。

ログハウスとはやはり壁構造が大きく異なりますよね。
様々な外的因子にさらされるこの部分を、
あなたは本当に合板に任せますか?

いえ、私はダイライトに任せます。


DSC05384.jpg


ちなみにモデルハウスのドーマー部分も
壁はログではないのでダイライト仕上げ。


写真の上の方に人が写っていますが、軒裏を塗装しているところ。
今回はオスモを使用。
外観の雰囲気一つにもこだわっているため、
そのまま使用するとイメージからずれるので
オスモの純正品を自社で調色しています。


内観はこんな感じ。


DSC05813.jpg


実際はもう少し進んで床張をしていますが。

ログハウス=隙間
みたいなイメージをいまだに強く持たれている方も多くおられますが、
実際は在来工法の方が隙間はたくさんあります。
隙間がたくさんあると言うと語弊があるかもしれませんが、、、
隙間となり得る要素がたくさんある、と言った方が良いかもしれませんね。

なので、M様邸の場合、断熱材は吹き付け断熱を採用しています。
在来工法の場合は、言ってしまえば断熱材に囲まれている訳で、
ここの選択が大きく家の性能を左右します。
単なる断熱材単体の性能だけでなく、総合的に考えられているかが重要です。


外部はというと、
外壁の仕上げも完了していますが、


DSC05502.jpg


写真は少し前。

この駐車している車たちが、良い感じに外観を隠してくれていて、
完成時の楽しみが増しますね。
しかし、屋根だけでも十分、、、|д゚)


さて、年末年始はここでパーティーができるかな?



ログハウスのTALO岡山
※facebookですが、しばらくはブログの下に貼る形にしますので
こちらからアクセスをどうぞ
★認証はありますが、facebookをされていなくても閲覧できます。

<晴れ時々の山小屋暮らし>
N様邸のブログはこちら↓
http://blog.livedoor.jp/hiruzenyamagoya/

<癒々整体院>
T様邸のHP&ブログはこちら↓
http://road2zsky2008.wixsite.com/youyouseitaiin
http://ameblo.jp/youyouseitaiin0707/

<ガーデン叶(グラント)>
N様邸のHP&ブログはこちら↓
https://gardengrant.jimdo.com/
http://ameblo.jp/garden-grant/


posted by アーキテック at 18:30| Comment(0) | ■ ただいま建築中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。